PSIスペシャル

フローティングタイプのシリンダー構造を持っているZC,VTECエンジンは、
オーバーレブや、経年劣化に弱い、結構、5/100程度歪む場合が多く、
これを2/100以下へ・・PSIのオリジナルピストンはノーマルより、0.25φが
大きい、つまり歪みを取り除く為に、ボーリング&ホーニングを実施します。

ボルト、ナットの締め方から、全て基本に忠実です。エンジンはパーツの品質も
大切ですが、組み方、加工という部分が大きくものをいいます。特にNAは・・
昨今のメーカーの品質向上は著しいものがありますが、バラつきはまだまだ
ありますね。(でも工場の組立作業には能率、コストあるし、仕方ないですね)

PSI 品質重視の作業内容

再利用のパーツはひたすら磨き仕上げます

基本を忠実に、回転部分の摩擦を極力抑えるカム山とジャーナル部分、接触部分を磨く

抵抗になる部分や物はエンジンの仕様と経験に基づいて削り&磨き&加工して仕上げます

作業にてお客様からお預かりしたお車は、悪戯や盗難防止の為
一台ずつシャッター付ガレージに しっかり保管させて頂きます。

コンロッドのフルフロー加工
ノーマルではピストンピンが圧入されてるが、フリクションを考えるとよくないので、
コンロッド小端部の上部にオイル循環用の穴を加工、仕様によってはコンロッドの側面は鏡面加工します。

医療用内視鏡を使っての
GT-Rのエンジン内部チェックをしているところです。
燃焼状態及び、シリンダー内の状態をチェックできます。

※本サイトで使用している文章・画像など、無断での複製・天転載を固く禁止します
 Copyright (C) 2004-2015 PSI Co., Ltd. All Rights Reserved
  推奨ブラウザー インターネットエクスプローラー Ver.10以降

パーツ洗浄機<自動>
(頑固なオイル汚れを落とします&サンドブラスト(サビ、塗装を微粒子を高圧で噴かせて落とします)

全て当社装置です!(ビーズの配合は当社オリジナルです)